面接で好感触だった場合の質問

面接をしていると自分で感触を掴む事ができる場合も多いです。話しをしていて、明らかに自分に興味を持ってくれていると感じる場合もありますし、採用されるかもしれないと感じる事ができる場合もあります。このような場合は、採用された時の事を考えて質問をしてみると良いでしょう。どのような質問をしてみれば良いのかですが、入社をする前までになにかやって置いた方が良い事があるのかを聞いてみるようにしましょう。採用をされていないのにも関わらず、このような質問をしにくいと考えてしまう方もいますが、これは非常に大事な質問になってきます。

このような質問をする事によってやる気を感じ取ってもらう事ができます。自分から聞いてしまう事によって、普段よりも期待が大きくなってしまう場合もありますが、採用して貰いたい、または入社後に活躍をする気でいると言う場合には、期待をしてもらう事によって余計に頑張りを見せる事ができるでしょう。またこの質問をする事によってより相手の考えている事を探る事も出来ます。やっておけば良い事を面接で質問してしっかりと回答を貰う事ができれば、採用が確実になっていると考えて良いでしょう。採用される可能性が少ない場合は、聞いても答えてもらう事ができません。