礼儀正しい姿を見せることで評価される面接

面接で良い評価を得るため、面接官とのやり取りの中で自分を一生懸命アピールすることは大切です。一生懸命な様子が面接官に伝われば、仕事も真剣に取り組む印象を持っていただけます。質問に対する回答の内容は重要ですが、回答している時の表情や声の大きさ、仕草なども評価の対象です。ですから、回答の内容ばかりに注意を向けるのではなく、面接の最中に自分がどのように見えているのかについても考えてみることで、さらに良い評価を受けられるようになります。

例えば、礼儀正しい姿は面接での評価対象です。まず、面接が始まる前はきちんと挨拶します。この挨拶をしっかりと行うことができれば、礼儀がある者と面接官にアピール可能です。また、面接終了後も感謝の挨拶を行います。椅子から立ち上がった時や退出する際、感謝の言葉を声に出しておじぎをします。面接官は色々なタイプが存在しているため、感謝の言葉やおじぎを重視していない場合がある一方で、非常に重視している面接官がいることも事実です。感謝の言葉やおじぎは、業務においても必要な場面があります。それが可能な人物だとアピールできるので、面接が始まる前と後の挨拶やおじぎは、どのような面接官に対しても行うようにしておけば、意識しなくても身体が動くようになります。