就職面接でチェックされる傾向にある2つの点

よく就職や転職の面接で落とされてしまう人から、面接官と上手くやり取りをすることができなかった、自己PRが足りなかったといったといった反省の言葉を聞きます。しかし、実際には採用担当者側からすると、そういった話し足りなかったという理由よりもその応募者が基本的なビジネスマナーをしっかりと備えていなかったことを不採用の理由としているケースが多いようです。つまり、採用面接において面接官が応募者をチェックしている点というのは、まず基本的なビジネスマナーを備えているかどうか、そして一緒に働いてみたいと思わせるようなヒューマンスキルを備えているかどうかという2つである傾向にあります。

そもそも、自己PRやその応募者が身に付けているスキルといった内容については、すでに書類選考の時点で問題ないという判断を受けた上で、面接に至っているわけです。その上で、面接では書類だけでは把握できない身だしなみや立ち居振る舞い、あるいは挨拶や話し方といったビスネススキルをチェックしようとするとともに、同じ職場の同僚としてこれから上手くやっていける協調性のある性格か、職務に対する熱意を備えているかといったヒューマンスキルに注目しています。そのため、この傾向を理解した上で面接に臨むことはとても大切です。