面接で緊張を抑えるための考え方

面接は、採用を決めるために行われるものなので、必要以上に緊張してしまう場合があります。今後の人生の行方を左右する仕事を決める場なので、緊張を感じるのは普通のことです。程良い緊張感の中で面接を受けることは、集中力を高められる効果があります。ですから、程良い緊張感の中で面接を受けられるようにすることが大切です。しかし、緊張感をコントロールすることは難しいです。場合によっては、緊張が高くなり過ぎてしまい、アピールできずに面接が終了してしまうことも考えられます。

面接で緊張を抑えるためには、選考という意識から面接官と会話をするだけという意識に変えることです。面接は選考という考えが強くなり過ぎてしまうと、緊張が高くなります。ですから、選考と考えるのではなく、会話をするという意識にします。面接官と会話をするだけと考えれば、選考よりも気持ちを楽にすることができるので、結果として緊張を抑えて面接を受けられます。面接官と会話をするといっても、実際は選考を受けています。ですから、質問に対してはきちんと回答する必要があります。回答で困らないためには、面接官の質問を予想し、回答の内容を考えておくことで対応できます。